執筆者について

はじめまして。
当サイトの運営者で執筆もしている、仲元 諭(なかもと さとる)と申します。
※ナカモトサトシでは、ございません!

2014年まで国内最大手の某保険代理店で
FP(ファイナンシャルプランナー)として、
普通のサラリーマンさんと何ら変わりのない生活をしていた私は、
「保険しかアドバイスできないFP」に限界を感じ、
一念発起して脱サラをしました。

どうせ「FP」として独立するなら、
規模は小さくても本当に顧客の役に立てる「FP」になろう!
そう決意しました。

机上の理論や知識だけで物を言うFPも多いですが、
私は全てを実践・経験、もしくは取り扱うことで、
「全方位」においてアドバイス・コンサルティングができる「FP」になりました。

「生命保険」は業界歴13年、「損害保険」は業界歴23年、
「証券(株式・債券・投資信託)」は業界歴4年です。
これらは全て私が直接取り扱いできる分野です。

このほか、私自身が実践・経験してきていることでは、
株式投資は23年、FX・バイナリーオプション・仮想通貨は4年、
転売・せどり・アフィリエイトなどがあります。

特に独立してからの4年間は、
自分自身と向き合う4年であり、
これまでと人生が180度変化しました。

今思えば、なんの能力もない私が、
会社組織という場所から抜けて、
個人の力で成功できると思ったのが、最大の勘違いでした。

私は本当に平凡な家庭に育ちました。

父親は、公務員
母親は、専業主婦
兄弟は、妹が一人
全くの平凡な家庭です。

中学受験に失敗し、
地元の公立中学・公立高校に通い、
自宅から自転車だと15分で通える私立大学に進学し、
団塊世代ジュニアとして就職氷河期に何とか地元の自動車販売会社に就職し、
10年勤務するも同社グループの大規模リストラに嫌気がさし、
保険業界へ転身しました。

打ち込んだことといえば、
中学時代の吹奏楽部(パーカッション)、
高校時代の軽音楽部(ドラム)くらい…

これまでの人生で何度か挫折は味わってきましたが、
死にもの狂いでがんばったことは今までありませんでした。

挫折の数だけの破天荒さはありますが、
それでも、普通の人生を送ってきたと思います。


~2013、初期がんと闘う~


このことが私の人生を一変させました。
(保険という)仕事柄、自分の「がん」にも驚きませんでしたが、
同日入院した、同室の60代男性の生きざまに言葉が出ませんでした。

彼は会社経営をしていて、
再婚して奥さんの連れ子の高校三年生になる息子がいるそうです。
彼は前妻との間には子どもはおらず、
連れ子であろうとも我が息子を可愛がっておられました。
彼は大腸がんが見つかるのが遅く、転移もしており、
いわゆる末期がんでした。

彼は担当医にこう言い放ちました。
「会社は専務にくれてやる。仕事に悔いはない。
治療費はいくらでも払う。
どんな苦痛を伴う治療でも、文句もいわず耐えてみせる。
だから、何としてもあと3ヶ月生かしてくれ!
どうしても息子の高校の卒業式に出たい!」

同室の隣のベッドで闘病する彼の姿を
私は24時間1週間見続けました。

幸い私は初期ガンで腫瘍患部の摘出のみですみ、
リンパ節への転移もなく、
術後の出血というハプニングを除いては
経過も良好で、今は年一回の経過観察のみで、
日常生活になんら支障は残っていません。

けど、
入院中ベッドの上で、
これまでの自分の人生を振り返り、
そして、彼の生きざまを目の当たりにして、

このままサラリーマンで通勤時間片道2時間もかけて
働き続けて家族との時間も持てず、
仕事にも満足も納得もできないままでいいのだろうか?
そんな現実を冷静に直視しました。

自分は、
自分で納得できる仕事をして人生を終えよう。
自分は、
大切な家族や友人、そして知り合った人たちとの時間を大切に過ごそう。
自分は、
どんどん年齢を重ねるが知恵も重ねよう。
自分は、
自分の価値の小ささを知り、より大きな価値を人にもたらそう。

そう決意し、
勤めていた会社を辞めて、
自分で納得のできる仕事を始めました。

話を戻しますと、
こうして一念発起した私が、
「全方位」においてアドバイス・コンサルティングができる「FP」になることは、
私自身を豊かにもしてくれました。

まさに「serendipity(セレンディピティ)」でした。

※セレンディピティ(serendipity)とは、素敵な偶然に出会ったり、予想外のものを発見すること。また、何かを探しているときに、探しているものとは別の価値があるものを偶然見つけること。平たく言うと、ふとした偶然をきっかけに、幸運をつかみ取ることである。

私の「がん」が、
私の目指す「FP」像が、
今の私を創り出しました。

とはいえ、
この3年間も決して平坦な道のりではなく、
ほとんど所得のなかった時期や
投資で大損して自己破産までしかけました。

そんな私が満足のいく収入を稼ぎ、
自分の夢をどんどん実現していく。

今度はあなたの番です!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。