ネットで買った「教材・ツール」の収益化

教材やツールのネット販売の実情

前回は、無料・有料にかかわらず、
「教材・ツール」を手にした一般的な末路を整理しました。

ここまでが腹に落ちた人は、
次に考えるのは、
どうすれば私たち購入者・消費者でも、
一定の収益をあげられるのでしょうか?

結論!方法は2つです。

(その1)
目指す成果がでるまで「教材・ツール」を信じて努力や作業をし続ける
複数の「教材・ツール」で学んだ経験をもとに、複合的に工夫する。

(その2)
販売者になる。

販売者!?

そうです!

インターネットの外の世界を見渡しても、
収益をあげているのは決して「製造者・メーカー」だけではありません。
「小売店」に代表されるような「販売・流通」にかかわる存在も収益を得ています。

戻ってインターネットビジネスだと、
「小売店」はさしずめ「アフィリエイター」です。

「アフィリエイター」と聞くと、
「ASP」などを介して様々な商材をブログなどを通して販売していくイメージが強いようです。

「ASP」については、
ご自身でググってもらえればいいと思いますが、
要するにネット商材の「卸売問屋」のような存在です。
製造⇒卸売⇒小売となると中間コストがかかるのはすぐに察しが付きますよね。

しかも「ASP」はベンチャー企業を気取って首都圏のオフィスビルに陣取っています。
これらのコスト(テナント賃料や人件費)を支える原資が彼らの卸売業であるので、
かなり大きな中間コストをぶんどられることは明白です。

私はASPを使って広告を出した経験もありますので、
概要を端的にお伝えすると、
アフィリエイターに支払う報酬と同額もしくはそれ以上を、
広告主はASPに支払います。

逆に見れば、
ASPを通さず、広告主・開発者・作成者・メーカーと直接やりとりする、
製造⇒小売を実現できれば、報酬はASPを介するときの2倍は狙えるということです。

では、どうすればASPを介さず、
アフィリエイトをできるのか?

につづく

いよいよ、アフィリエイト

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

③集客の要がLINE@だと気付いているなら、
海外アカウント研究会
https://line.me/R/ti/p/%40ojk3343v

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。