1億稼ぐのに何リスト必要?



一生困らない収入を得るためには、
どれくらいのリスト数があればいいのでしょうか?


例えば、、、
とある世界的マーケティングの権威は、
自分自身の専門知識を売り物にする場合、

2000~3000リストあれば、
年間1億円を稼げると言っています。



また別のマーケティングの専門家は、
粗利が5割程度ビジネスの場合、

「有効リスト」が4000あれば、
年間1億2000万円を稼げると言っています。



もっと極端な例で言うと、、、
(とあるジムのトレーナーの話ですが)、、、

たった「8リスト」だけで年間、
7000万円以上の収入を得ている人もいます。


どうすればこんなに少ないリストで、
こんなお金を安定して得られるのでしょうか?


それが今月の新刊本
「市場独占マーケティング」です。

http://directlink.jp/tracking/af/1503293/Gfy24bSj/



全米屈指の「影響力」のエキスパートが明かす、、、
一生顧客に困らない、リスト・コントロールの技術とは…?

http://directlink.jp/tracking/af/1503293/Gfy24bSj/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。