管理上の違い!LINE@とLINE公式アカウント!

ちょっと知っておくと便利かも??

LINE公式アカウント(海外版)の詳細はこちら

<認証URLの有効期限>

LINE公式アカウントのそれは、
認証URL発行より24時間」と
とても短くなりました。

LINE@は、
「認証URLより4週間」の
有効期限があったのに…

<保有アカウント数>

LINE公式アカウントのそれは、
個人LINE1IDに対して、
LINE公式アカウント100個まで
となっています。

LINE@は、
自分でつくったLINE@アカウントは10個まで、
他者がつくったLINE@アカウントは制限なく保有出来ました。

<アカウント削除したとき>

LINE公式アカウントでは、
管理者が不要になったアカウントを自ら削除した場合、
3ヶ月間はアカウントリストに残ったままで、
先の保有アカウント数にも含まれたままです。

LINE@では、
管理者がアカウントを削除した際は、
即時にアカウント削除完了しました。

<決済者である管理者の制限>

LINE公式アカウントでは、
複数の所属国にまたがったアカウントを保有・運営することはできますが、
「決済者である管理者」になれるのは、1つの所属国のアカウントしか保有しない者である。
ちょっと厳しいなと感じたのは、
別プラットフォームであるはずのLINE@で、
日本アカウント有料プラン・有料サービスを利用していても、
海外アカウントの「決済者である管理者」にはなれないことです。

LINE@では、
これは検証したことなかったのでわかりません。

<アカウント作成時の必須項目増加>

LINE公式アカウントを作成するには、
メールアドレスの登録が必須となっています。

さらに携帯電話キャリアのメールアドレスを入力すると
海外アカウントは作成できないようになっています。

LINE@では、
求められなかったことです。

 

LINE公式アカウント(海外版)の詳細はこちら

 

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。