【裏技!】上手な移行方法!!日本アカウント無料プラン利用者のみ!!

本日15時過ぎより、
LINE@の「任意移行」が再開されていますね…

LINE@日本アカウントで、
現在はフリープランを使用しているが、
移行後は有料プランをご使用予定の方

は、

~1月13日までに、

「強制移行」を待たず、

「任意移行」でもなく、

今更「LINE@のベーシックプランに変更」なさることをおススメします。

まず、以下のサイトに、
「強制移行」についての記事がLINE社より掲載されています。

http://blog-at.line.me/archives/54095475.html

 

実際の移行については、
上記サイト等でご自身で情報収集されて、
「LINE@のベーシックプランに変更」なさるか、
「強制移行」を待つのかはご自身でご判断ください。

 

LINE@日本アカウントを使用中で
移行後は有料プランをご使用予定の方が、
「強制移行」を待たず、
「LINE@のベーシックプランに変更」なさったほうが良さそうな理由は…

強制サービス移行は、ご利用中の料金プランによってスケジュールが異なります。

(以下、抜粋)

2020年2月1日時点で有料プランをご利用中のLINE@アカウントのみ2020年2月28日までに強制サービス移行を実施いたします。

2020年2月1日以降に強制サービス移行が行われる有料プランを利用されているLINE@アカウントは、
2020年2月のLINE@の月額料金が発生します。

指定された料金プランは移行完了後すぐに適用されますが、
適用された料金プランで課金が開始されるのは移行完了の翌月です。

ライトプランとスタンダードプランへ強制サービス移行された場合、
移行完了の当月月末までの間は、追加メッセージ料金は不要でメッセージ配信を行えます。

この記載で魅力的な部分は、
「2020年2月1日以降に強制サービス移行が行われる有料プランを利用されているLINE@アカウント」
「移行完了の当月月末までの間は、追加メッセージ料金は不要でメッセージ配信を行えます。」
という部分です。

詳しく解説します。

というか、
私・仲元はこの順序でLINE@からLINE公式アカウントへの移行を行います。
ちなみに日本アカウントのみです。海外アカウントはLINE@はフリープランしかないため、この裏技は残念ですが使えません。

<ステップ1>

1月13日のうちに、
LINE@日本アカウントの利用プランを
「フリー」 → 「べーシック」へ自分でアップグレードをします。

ここで月額費用が15,000円発生しますが、
1月14日に「強制移行」されることなく、
1月31日までLINE@のまま使用継続できることになります。

<ステップ2>

次に
2月1日にLINE公式アカウント「ライト」プランに
いよいよ「強制移行」されます。

自分で作業の必要はありません。

ここでのポイントは、
月額費用は発生するが、
2月中は従量課金が発生しないことです。

従量課金が発生しない2月中は、
1通当たりの課金が高い「ライト」プランでも問題ありませんので、
2月中には上位プラン「スタンダート」への変更はしません。

<ステップ3>

最後に
3月1日になれば、
「ライト」 → 「スタンダート」へ
自分でアップグレードします。

これが、
当方が考える
最もコストパフォーマンスを確保できる
日本アカウントの移行スケジュールです。

ご参考になれば幸いです。

とはいえ日本アカウントより圧倒的に割安な某国版はこちら

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。