LINE@海外アカウント(韓国)が垢バン!?

いえいえ、
弊社ではそのような現象は確認されておりません。
ひとまずご安心いただき、
記事をお読みください。

本日、ある方の投稿が話題になっています。

その投稿は、

というものです。

その後、弊社には、

「昨日より海外の電話番号に紐づけされた日本語アカウントの大量削除が起こっていると聞いたが…」

などのお問い合わせが多く寄せられております。

もともとの投稿に、だいぶ枝葉がついてるな…

もとの投稿自体、注意を引く書き込みの後に自身のセミナー告知か…

など、
個人的に思うことはありますが、
現在の弊社が把握している状況をご報告いたします。

現在、
弊社の複数(米国・韓国)のご購入者様にも確認したところ、
そのようなアカウント削除は確認されておりません。

以上です。

弊社でも、
今後、LINE@海外アカウントへの規制が
次第に強化されていくことは明らかだと見ています。

規制が緩いLINE@海外アカウントだから、
何をやってもいいはずはもちろんありませんし、
投稿・配信の内容・頻度によって、
アカウント削除が行われることは
むしろ普通です。

弊社のご購入者様から、
投稿・配信の内容・頻度以外の理由で
アカウント削除・垢バンされたご報告は今のところありません。

お問い合わせ内容は、
首をかしげる点がいくつもあります。

「海外の電話番号に紐づけされた日本語アカウント」

弊社作成のアカウントは納品後はご購入者様のLINEアカウントに紐づいています。
つまり、日本の電話番号に紐づいているわけです。
海外の電話番号に紐づいたままになっているアカウントがどれだけあるのだろうか。

これはあくまで個人的な想像ですが、
そもそものLINE社の立場にたって想像すると、
日本ユーザーが使う海外アカウントのほとんどが電話番号認証を回避したアカウントなのに、
海外の電話番号に紐づいたままのアカウントのみを標的にする意味があるのだろうか?
と考えてしまいます。

「大量削除が起こっている」

言葉が独り歩きしている気がしてなりませんが、
事実だとすると、お悔やみを申し上げる他ございません。

弊社のご購入者様からはお一人たりともアカウント削除された報告がないのが幸いです。

この件につきましては、
本日昼前後に複数の方よりお問い合わせいただきましたので、
記事にさせていただきました。

新しい情報が入りましたら、
ご購入者様の皆さまにはご連絡させていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

仲元 諭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Twitter集客で集客・収益を生む!

Twitterを攻略して、あなたが欲しい『影響力』を手に入れよう!

Amazon Kindleにて好評発売中★電子書籍なら299円★紙書籍は1,000円

本書では、誰も表立って語ってこなかったTwitter攻略法を詳細に解説しています。
それらTwitterであなたの『影響力』を得られる方法を知ったあなたには…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

本書籍の巻末でも弊社虎の子の「Twitter自動集客ツール」に触れています。