いよいよ実質値上げされるLINE公式アカウント…

再びプラットフォーマーの暴挙。改悪されます。

2023年6月から導入予定の(日本のみの)新しい料金プラン改定が2022年10月31日に発表されました。
【重要】LINE公式アカウント 料金プラン改定及び日割り廃止のお知らせ

今後はLINE公式アカウントをビジネスで運用する際には、

「小規模な集客で個別チャットで運用する」コミュニケーションプラン(現行のフリープラン)

か、

「一定規模以上の集客に対して、一斉やセグメントでのメッセージ配信やLINEステップ配信などで運用する」スタンダードプラン

とに二極化されることになりましたね。

 

私・仲元の個人的見解としましては、
インターネットマーケターにとって今回のプラン料金改定は、
はっきり言って改悪です。

LINE公式アカウントを運用する者が、
運用開始時点で上記二択を迫られる構図で、
一般ユーザーを過保護に守ろうとする反面、
事業者には決断を迫ってきています。

これでは、
益々海外アカウントの需要が増してしまうでしょう。

その結果、
多くの事業者が海外アカウントに流れると、
それはそれでLINE社が今以上の規制に乗り出し兼ねず、
懸念が残ります。

では、
具体的にどう改悪されいるのかを見ていきましょう。

まずは、
「コミュニケーションプラン」から。

これは今でいう「フリープラン」にあたります。
改訂後も無料なので、ひとまず安心という方もおられるかもしれませんが、
上記したような

「小規模な集客で個別チャットで運用する」ことしかできないプラン内容になっています。

一斉メッセージ配信やセグメント配信、そしてLINEステップ配信までもが毎月合計200通までしかできません。
200通超の追加メッセージも一切不可です。
実質、配信はできないと言えるでしょう。

これまで、
キャンセルで空きが出たことをメッセージ配信で告知していた小規模店舗などは、
そのような配信ができなくなります。
顧客からの個別問い合わせにはチャットでやりとりは無制限にできますが、
今の時代、誰がそんなマンパワーにたよった運用だけに固執しますか?

それが困るなら、有料プランを使え!」というLINE社の暴挙ですね。

ちなみに、
新プランではメッセージ配信数上限が200通ですが、
現在のフリープランは1000通まで送れました。

1/5に運用者メリットが縮小されているわけです。
これが運用者に運用開始時点で上記二択の運用内容の選択を迫ると書いた理由です。

無料で使い続けられるのは、
個別チャットのみでの運用です。

それができない事業者は、
有料プランを使え!ということです。

何とも腹立たしいですね。

さて次は
「ライトプラン」です。

こちらは現行も新プランも呼び名と月額固定費5000円で同じですが、
そのプラン内容は似て非なる改悪が実施されています。

有料プランの良さはメッセージ配信数が増やせることですが、
現行プランの上限15,000通に対して、
新プランは5,000通に減らされています。
同じ月額固定費を支払わさせられるのに。
しかも
現行プランでは一通5円もかかりながらも5,000通を超えた追加メッセージが配信できていました。
新プランでは、5,000通超となる追加メッセージは一切不可となります。

つまり、
もっと多くのメッセージ配信したければ、
とっとと最上位プランに変更して、ライトプランの3倍の月額利用料を払え!
といってますよね、これ。

もうメチャクチャですよね。

最後に「スタンダードプラン」です。

現行も新プランもほとんど同じ内容に見えますが、
月間無料メッセージ数が、45,000通から30,000通にしれっと減らされてます。

これは実質値上げですね。
これまで45,000通をきっちり使い切っていた事業者さんだと、
かかるコストは月額固定費用の15,000円でしたが、

全く同数の45,000通を、
2023年6月以降に使うと、
なんと30,000通超になる15,000通にまで、1通3円の従量課金が課せられてしまい、
月額固定費用と従量課金の合計で、50,000円請求されるわけです。

同じ使い方をしていても、
月15,000円から月50,000円に負担が増えることになります。

こんな改悪、信じられます?

これまでも何度もプラットフォーマーの暴挙に、
我々事業者は振り回されてきましたが、
今回の新プラン導入はかなりヒドいです。

それでも、
これだけ日本人に浸透しているLINEという媒体を
ビジネス活用しない選択肢は正直ありません。

 

私・仲元の個人的意見を書かせてもらえれば、
最速でweb3時代になって、
プラットフォームなんかなくなればいい!
と思ってしまいます。

さて、
こんな背景を踏まえて、

どうせ選択を迫られるなら、
より広い選択肢としてLINE公式アカウント(タイ王国版)の魅力が増したといえるのではないでしょうか?

ご存じの方も含めておさらいしておきます。

LINE公式アカウント(タイ王国版)は、
「フリー」「ベーシック」「プロ」の3プラン構成です。

フリー」プランは、
日本版の現行フリープランと全く同じ。

ベーシック」プランは1,200バーツ(=約4,800円)で日本プランとほぼ同じですが、
日本版・新プランの月5,000通上限ではなく、
5,000通超は1通0.08バーツ(約32錢)で送れます。

プロプラン」は、
日本版・新プランと同じ月35,000通までが月額固定費用に含まれていますが、
35,000通超については、
日本版が1通3円の課金に対して、
タイ王国版は0.04バーツ(16錢)実に95%割引という信じられない安さです。

一斉メッセージ配信やセグメント配信、
そして、LINEステップ配信などを使う私たち事業者にとっては、
LINE公式アカウント(タイ王国版)は強い味方です。

LINE社の新料金プラン発表と奇しくも同日に、
弊社ではLINE公式アカウント(タイ王国版)の大幅値下げ改訂を実施しております。

これまで1アカウント3万円でご提供していましたが、
1アカウント5千円~8千円でのご提供へ、
この物価高の折ですが、
改訂しました。

ご興味お持ちいただけましたら、
ぜひとも導入をご検討くださいませ。

圧倒的値下げ断行★LINE公式アカウント(タイ王国版)

 

 

Twitter集客で集客・収益を生む!

Twitterを攻略して、あなたが欲しい『影響力』を手に入れよう!

Amazon Kindleにて好評発売中★電子書籍なら299円★紙書籍は1,000円

本書では、誰も表立って語ってこなかったTwitter攻略法を詳細に解説しています。
それらTwitterであなたの『影響力』を得られる方法を知ったあなたには…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

本書籍の巻末でも弊社虎の子の「Twitter自動集客ツール」に触れています。