★ツィート画像にURLをリンクさせる方法★

 

お悩み解決できることを願っております。

Twitterは、
Facebookのように投稿に貼るURLから自動的にサムネ画像やページ情報を取得してくれません。
(一部、You-YubeやShoppifyなど利用者が多いドメインには対応しているようですが、ほとんどの独自ドメインは未対応です。)

Twitterで、
URL情報を反映したツイートをするには、
そのURLのページに必要なコードを埋め込み、
Twitter側にUR情報を登録することが必要です。

最初は慣れないので煩雑に感じますが、
慣れれば問題なくなります。

私自身このことをネット検索した際に、
的確な解説が見つけられなかったので、
備忘録の意味も込めて、
以下にまとめました。

 

★ツィート画像にURLをリンクさせる方法★

(今回はTwitterカード「Summary Card with Large Image」を解説します)

 

①縦横比1:2の画像を用意する

※画像は自分のサイトに(メディア)アップロードしURLを控えておく。

 

②リンク先となるWebページを作る。

※Webページにはコード埋め込みが必要なため、第三者のWebページは向かない。

 

以下を対象ページのhead部分に書き加える

オレンジ色部分をあなたの情報に書き換える)

<meta name=”twitter:card” content=”summary_large_image/“>
<meta name=”twitter:site” content=”@ユーザー名(←表示させたいTwitterアカウント) ” />
<meta property=”og:url” content=”リンク先WebページURL” />
<meta property=”og:title” content=”リンク先Webページのタイトル” />
<meta property=”og:description” content=”リンク先Webページの要約(ディスクリプション)” />
<meta property=”og:image” content=”表示させたい画像URL” />

「Webページのhead部分?」につまずいた方は、
その疑問を解消なさってから作業をおすすめください。

 

③Twitterでの表示エラーなどを確認しURL情報を登録する。

PCブラウザでまず表示させるTwitterアカウントでTwitterを開く。

タブ追加にて

https://cards-dev.twitter.com/validator

を開く。

「カードのURL」欄にリンク先ページ(コード埋め込み後)URLを入力。

 

問題なければ

 


このように表示されます。

 

あとは、このリンク先WebページURLを書き加えたツィートをすれば、

このように自動的に画像およびリンクが認識されますので。いつも通りツィートすればOKです。

 

今回は、★ツィート画像にURLをリンクさせる方法★についてご案内しました。

Webページにコードを埋め込むことさえできれば、簡単に使いこなせますね。

 

 

 

 

 

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。