【業界初】利用停止(=アカウント削除)リスク補償制度について

IPアドレス規制・利用停止リスク補償つきLINE公式アカウント(タイ王国版)のご購入はこちら

いよいよLINE社によるIPアドレス規制が本格化してきたようです。

LINE公式アカウント( 旧LINE@ )のアカウント利用停止は回避できないのか?

上記記事の冒頭にある、

現在、別サイトで50アカウント3万円で購入したタイ版公式アカウントを使用していますが2.3日で停止されてしまっている状況です。
記事内容が事実であり、停止されずらいアカウントであれば購入を考えています。
直近でタイ版を購入されたお客様より停止されたなどのお話はありますか?

というお問い合わせが弊社に寄せられることからも
LINE社によるIPアドレス規制が現実となっていることがわかります。

【危険】安いタイ版アカウントに潜むリスク!?

こちらを回避する方法で、
弊社は「IPアドレス規制対応アカウント」を作成販売しておりますが、
もう一歩踏み込んで、今回、

【業界初】利用停止(=アカウント削除)リスク補償制度

を開始させていただきます。

2020年10月1日以降の弊社からご購入のアカウントに適用させていただきます。

<利用停止(=アカウント削除)リスク補償制度>

当制度は、アカウント作成方法に起因する「利用停止(=アカウント削除)」を補償するものです。
つまり、弊社よりご購入なさったアカウントが使用開始前に利用停止規制を受けた場合、その補償として別のIPアドレスにて作成された新しいLINE公式アカウント(タイ)を代替えとしてご提供する制度です。

使用開始前に利用停止規制を受ける、ということは、該当アカウントの友だち数は1名以下ということになります

友だちが2名以上になっているアカウントは、何らかの使用を開始なさっているアカウントです。
この場合、アカウント作成方法に起因して利用停止規制されているのか、アカウント運営内容によって利用停止規制を受けているのかが判断できませんので、補償の対象とはなりません。
予めご了承ください。

 

< 補償申請方法 >

代替えアカウントの申請およびお渡しにあたっては、以下の2枚のスクショのご提出をいただきます。
(1枚目)利用停止になったアカウント・ホームページの「ベーシックID(@●●●●●●●●)」および「このアカウントでは一部の機能が利用できません。」が同一画面に表示されているスクショ
(2枚目)利用停止になったアカウント・分析ページの「ベーシックID(@●●●●●●●●)」および「友だち追加」数が同一画面に表示されている画面のスクショ(スマホアプリでは「ベーシックID(@●●●●●●●●)」および「友だち追加」数が同一画面には表示されません。PCやブラウザのLINE Official Accout Managerで表示されます。)

 

上記2枚のスクショをアカウント納品の際の当方のメールアドレス( chakura0911@gmail.com )にお送りください。
ベーシックIDをもとに、当方販売アカウントであるかを、
スクショをもとに、利用停止の事実およびアカウント使用状況を
確認し、補償対象であると認められる場合、24時間以内に代替えアカウントをご提供いたします。

現在、
IPアドレス規制に対応したアカウントを販売しているのも、
その補償制度までもご用意しているのも、
弊社のみでございます。(2020年10月時点)

今後とも、安定・継続して、みなさまのビジネスサポートができることを願っております。

IPアドレス規制・利用停止リスク補償つきLINE公式アカウント(タイ王国版)のご購入はこちら

 

 

 

 

 

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。