【無料】あなたのLINE公式アカウントの従量課金・料金、シミュレーションできます★

一度、ご自身の運用スタイルでの試算をなさることを強くおススメします!

※あなたのLINE公式アカウントのコスト試算ができるURLはページ中(枠内)ほどに記載しています。

LINE公式アカウントになると

自由にメッセージを送信するには、

× フリープラン
○ ライトプラン・スタンダードプラン

つまり、
月額費用+従量課金が発生する有料プランにしないとダメです…

もしかして、あなたは

「自分には有料プランは関係ない」

とか

「(海外アカウントだからって)国が違っても、たいした金額の違いじゃないんでしょ」

などと考えてはいませんか?

でも実は、

「(海外アカウントと日本アカウントは)何十倍、何百倍の差が出てきます」

「(フリープランだと)有効友だち数が1000人超えると、一切メッセージが送れなくなる」

「友だち増えてから考えたのでは遅い!」

んです!

運用し始めたアカウントを、
別の国のアカウントに切り替えることはできません。

そこで今回、
表計算ソフトが大の苦手な私・仲元が、
自分の運用スタイルを2項目入力するだけで、

「従量課金コストは発生するのか?」
「どのプランが適しているのか」
「日本アカウント vs 某国アカウントはどれだけ違うのか?」

を体感していただけるスプレッドを公開しました。

確かに概算ではありますが、
概要を把握していただくには十分だと思います。

使い方は簡単、

“1ヶ月に送るメッセージ数”

“有効友だち数”

を入力するだけ!

すると、

・日本アカウントのライトプラン
・日本アカウントのスタンダードプラン

・某国アカウントのベーシックプラン
・某国アカウントのプロプラン

この4つのプランの場合の金額が表示されます。
ドル表記も1ドル=110円換算してます。

赤枠内に表示されるのが従量課金で、
その右横に表示されるのが月額費用です。

その合計が毎月の支払となるわけです。

費用対効果に優れるLINE公式アカウント(某国版)とは?

(注意)
いろいろ試してみられるとお気づきになると思いますが、
日本アカウントのライトプラン、某国アカウントのベーシックプランは、
月額費用が抑えられている反面、従量課金単価が倍ほど割高になるため、
一定の通数以上になるとむしろ月額費用安いプランの方が総額では高くなります。

(お詫び)
表計算ソフトが苦手な仲元が作りましたので、
作り込みの甘さはご容赦くださいませ。
誤りなど、ご指摘がございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。

 

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。