こんなに高額!?従量課金を国別に比べてみた!! ヘビーユーザーの場合

LINE公式アカウント(海外版)のご購入はこちら

【徹底検証】
友だち3万人
1日3通のメッセージ送信
の場合

<通常(日本)アカウントの場合>

LINE@で、
フリープラン利用だったアカウントのは、

1月14日
LINE公式アカウントのフリープランへ移行し、
1ヶ月1000通のメッセージ送信しかできなくなります。

従って、
1月14日までに他のコストパフォーマンスに優れるLINE公式アカウント(某国版)に、
友だち追加誘導を完了させて、その新しいアカウントで運用するか、
日本アカウントのまま、有料プラン(スタンダード)へ変更するかしなければ、
LINE媒体への訴求ができなくなります。

LINE@でベーシックやプロ、プロAPIプランなどの有料プランを既に利用中のアカウントは、

2月1日に
LINE公式アカウントのスタンダードプラン(月額15,000円(税別))に強制移行されます。

従って、
そのまま使えるものの、
何の断りもなく、
2月分から
超高額従量課金が請求されます。

ちなみに、
15,000円+(30,000人×3通×30日-45,000通)×3円/1通=7,980,000円!!!!

<某国アカウントの場合>

1月14日もしくは2月1日までに、
既存のLINE@アカウントから友だち追加誘導ができた場合、

某国アカウントでも最上位有料プラン・プロ(月額45.05米ドル≒約5,000円)を使うことになります。
この月額費用が日本アカウント(ベーシック月額15,000円)比較すると既に1/3・66%OFFで済んでいます。

更に魅力的なのは従量課金です。
1通当たり日本アカウントが3円課金に対して、
たった0.0012米ドル=0.15円!?
つまり95%~96%OFFで済みます。

45.05ドル+(30,000人×3通×30日-35,000通)×0.0012米ドル/1通=3,234.05米ドル≒360,000円!?

上記日本アカウントだと
800万円毎月請求されるものが、
たったの36万円で同じ運用ができるのです。

これこそが、
今、某国アカウントに
LINE@ヘビーユーザーが駆け込んでいる理由なのです。

 

<英語(米国含む)アカウントの場合>

英語アカウントは死刑宣告がLINE社からされているも同然です。

1月14日にフリープラン(英語版)に強制移行されます。

このフリープラン(英語版)は、
メッセージ送信上限が500通と決められており、
有料上位プランも存在しません。

つまり、
有効友だち数が500人超のアカウントは、
強制移行後はたった1通のメッセージですら送れないアカウントになってしまいます。

LINE@時代に、
月額無料でメッセージ送信数無制限の代表格は、
海外アカウントと言えば、英語アカウントでした。

今回LINE社は、
そこを徹底的に潰す気できてますね

 

<韓国アカウントの場合>

韓国アカウントは、日本アカウントと基本的に同じですが、
決済はドル建てになることから為替レートの影響を受けます。
1ドル=100円で日本アカウントと完全に同じになりますので、
現在の1ドル=110円付近の円安・為替レートなら、
日本アカウントより10%割高な費用負担を余儀なくされます。

つまり、
今の為替レート(1ドル=110円)なら、
今回の事例だと、880万円近くの支払いになる計算です。

逆に1ドル=90円のような円高になると
実際の支払負担も10%割安になります。

このような円高だと、
今回の事例では、720万円の支払いで済む計算になります。

これは毎月の決済金額(円での支払い)が変動することを意味します。
この仕組みは、韓国版でも某国版でも為替レートの影響を受けるのは同じです。

今回はわかりやすさ重視で、
概算を算出してみました。

コストパフォーマンスで言えば、
正直、某国版以外の選択肢はありません。

日本版や韓国版のように高額従量課金を負担していても、
垢バンされない保証もどこにもありません。

むしろ、
日本アカウントはこれまで同様に、
公序良俗・出会い系・ビジネス商材系・仮想通貨系などは遠慮なく
垢バンしてくるでしょう…

高額従量課金を支払うお得意様だから、
見逃してくれるだろう…
は通用しないようです。

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。