従量課金、試算してみた!! ~比較的小規模アカウント・アクションの場合~

LINE公式アカウント(海外版)のご購入はこちら

【徹底検証】
英語(米国含む)アカウント
友だち800人・1ヶ月4通のメッセージ送信
の場合

強制移行は1月14日に行われます。

強制移行後は、
(チャットを除く)一切のメッセージ送信ができません。

つまり1:1のチャット以外はやりとりできなくなります。

(解説)
今回は
英語(米国含む)アカウントで有効友だち数が
500人超のアカウント全てにあてはまります。

英語(米国含む)アカウントは、
強制移行後は、フリープラン・メッセージ送信制限500通/1ヶ月となります。

海外アカウントはターゲットリーチが使えません。
従って、有効友だち数が500人以下にならないと、
たったの1通のメッセージすら送れません。

また、他言語アカウントのように
従量課金・有料プランも用意されていませんので、
いくらお金を払うつもりでもダメです。

 

【徹底検証】
韓国アカウント
友だち2000人・1ヶ月10通のメッセージ送信
の場合

強制移行は1月14日に行われます。
フリープラン(韓国)への移行となります。

強制移行後は、
そのままではメッセージ送信ができませんので、
クレジットカードを登録し、
有料プランに申し込む必要があります。
申込み後すぐ、
プラン移行が完了し、
メッセージ送信が
ライトプランだと、33,000円、
スタンダートだと、16,500円です。

(解説)

ライトプラン(月額50ドル)、
(2000人×10通-15,000通)×0.05ドル=250ドル
合計300ドル≒33,000円

スタンダート(月額150ドル)で従量課金には該当しないので、
合計も150ドル≒16,500円

 

今回は比較的規模の小さいアカウント・アクションを想定してみました。

次回は、メッセージ送信ヘビーユーザーを想定して【徹底検証】してみますね。

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。