もうすぐ無料ではLINE公式アカウントが使えなくなる日がくる!?

無料メッセージが月1000通から200通に減らされる…

2023年6月(予定)から、
新しい料金とプラン内容が変更になると
2022年10月31日にLINE社より発表がありました。

【重要】LINE公式アカウント 料金プラン改定及び日割り廃止のお知らせ

ビジネス用のLINEである、
LINE公式アカウント(旧LINE@)の収益化を急ぐようです。

LINEのみならず世のプラットフォーマーの常套(じょうとう)手段でが、
無料で多くの人に使わせておいて、
なくては困るようになったら有料化して収益を得る手法です。

LINE@時代には月額固定費用のみだったのが、
LINE公式アカウントになると月額固定費用に加えて、
月額固定費用に含まれるメッセージ数を超えて配信すると課金される従量課金が導入され、

さらに今回の改定で、
月額固定費用に含まれるメッセージ送信数が減らされるとというわけです。

月額固定費用こそ新旧プラン同じですが、
LINE公式アカウント運用の要(かなめ)ともいえるメッセージ数が減らされるということは、
実質値上げと同じことになります。

詳しく見ていくと、

まず「フリープラン」改め「コミュニケーションプラン」

月額固定費用こそ無料のままですが、
メッセージ数は1000通から200通に減らされていて、
それを超える仕組み(従量課金)はありません。

このメッセージ数というのは、
・メッセージ配信(絞り込み配信,ステップ配信含む)
・Messaging APIの「Push API」「Multicast API」「Broadcast API」「Narrowcast API」
が対象とのことです。

APIも対象となると外部ツールでステップ配信などを組んでいる場合も含まれる恐れがあります。

具体的には、
美容室や整骨院などよく見られる「キャンセル空きが出ました」的な一斉メッセージ配信ができなくなります。
友だち200人以上いれば、一斉メッセージ配信は通数不足で全く送れません。

誤解のないように解説すると、
ちなみに、
・LINEチャットの送受信
・応答メッセージ
・AI応答メッセージ
・あいさつメッセージ
・Messaging APIの「Reply API」
はメッセージ数にカウントされないとされています。

つまりチャット機能を使って、
個別に顧客とやり取りする分には無料で無制限に使用できます。
一斉もしくはセグメント配信機能を使って同時配信する場合にメッセージ数を消費します。

それだと困るとなると
いよいよ有料プランに加入することになりますが、
ここでもプラン改悪が平然と行われています。

ライトプラン」と呼ばれる安い方の有料プラン

新旧で名称は同じですが、
似て非なるものです。

改悪点は2つ
・月額固定費用に含まれるメッセージ数が15,000通から5,000通に減らされている
・そのメッセージ数を超える仕組み・従量課金が廃止されている。

月のメッセージ配信数の上限が15,000通だと、
友だちが数百人規模の小さなアカウントなら、
こと足りるかもしれません。

友だち数が少なくてもステップ配信などを組んでいる場合は、
思いがけず通数がかさむケースもめずらしくありませんので要注意です。

累積でのメッセージ数が5,000通を超えると、
顧客にステップ配信中でもやりとりが強制的に途絶えてしまう事態に陥ります

ここまでお読みになると、
「無料のコミュニケーションプラン(旧フリープラン)」「有料のライトプラン」が適した事業者は、
一斉メッセージ配信やセグメント配信、ステップ配信を使用せず、
個別チャットのみを使用する運用をしている場合に限定されます。

それ以外の事業者さんは、

選択肢は最上位プランの「スタンダードプラン」しかありません。

このプランも改悪されています。
・月額固定費用に含まれるメッセージ数が45,000通から35,000通に減らされています

これまでメッセージ数一杯の45,000通を使い切るものの超過メッセージはなく従量課金はなかった場合でも、
新しい(同じ名称の)スタンダードプランで45,000通を使うと10,000通は超過で従量課金されるため、
LINE社からの請求が、
これまでの15,000円から45,000円に跳ね上がることを意味します。

LINE社にはいくつもの思惑が透けて見えます。
・これまで収益が出せていなかったLINE公式アカウントを収益化したい
・友だち一斉メッセージ配信だけを実施する業者を排除したい
・LINE Payや予約システムなど外部サービスを絡めてZHDグループ内で顧客も事業者も囲い込みたい

その思惑はわかりますが、
私たち小規模な事業者には負担増が大きすぎます!

今回、日本だけが改悪されたことで、
海外アカウントにますます目が向くことが予想されます。

中でも、
全世界最安コストで、
かつ利用者も日本・インドネシアに次いで3番目の規模であるタイ王国版の存在が際立ってきます

もちろん、
海外アカウントだから未来永劫安泰ということはありません。

ですが、
我々のような小規模な事業者が生き抜く術として、
LINE公式アカウント(タイ王国版)は助けになるでしょう。

LINE公式アカウント(タイ王国版)でも、
日本版と同じくステップ配信ができますし、
Lステップのような外部サービスとの連携もできています。
LINE Payとの接続も今のところ問題ありません。
アカウントでユーザーから見て「タイ語」がでてくる箇所もありません。

現存する数少ないITハックとして、
LINE公式アカウント(タイ王国版)を検討してみる価値はあると思います。

LINE公式アカウント(タイ王国版)が向かない事業者
・個別チャットだけを使っている
・メッセージ配信をしない
・ステップ配信もしない
・外部の配信スタンドも使用しない
このような方は、
日本版の
「無料のコミュニケーションプラン」「有料でも安い方のライトプラン」をご利用ください。

 

圧倒的値下げ断行★LINE公式アカウント(タイ王国版)

 

Twitter集客で集客・収益を生む!

Twitterを攻略して、あなたが欲しい『影響力』を手に入れよう!

Amazon Kindleにて好評発売中★電子書籍なら299円★紙書籍は1,000円

本書では、誰も表立って語ってこなかったTwitter攻略法を詳細に解説しています。
それらTwitterであなたの『影響力』を得られる方法を知ったあなたには…

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

本書籍の巻末でも弊社虎の子の「Twitter自動集客ツール」に触れています。