今から使うならどっちのアカウント!?

今から使うなら、

1月14日までは月額無料でメッセージ送信上限数なし
“LINE@海外アカウント(米国)”

VS

フリープラン・ライトプラン・スタンダードプランで通数制限を考慮してしながら使う
“LINE公式アカウント”

のどちらがいいのでしょうか?

★結論★

アカウント育成とマネタイズ5ヶ月超の時間を要するなら、
新しいLINE公式アカウントを使いましょう!

アカウント育成及びマネタイズ4ヶ月以内でできるなら、
それまでは月額無料でメッセージ送信数制限のない、
LINE@海外アカウント(米国)を使い倒しましょう!

LINE@海外アカウントのご購入はこちら

<以下、具体的に比較してみました>

馴染みのあるLINE@ですが、
来年1月14日以降には、
LINE公式アカウントに強制移行されてしまいます。

それまであと4ヶ月ですが、
1月14日までLINE@を使い倒すのと、

早々にLINE公式アカウントを使い始めるのとでは、

いったいどうなのでしょうか?

どちらも新規アカウントの使用開始を前提としています。
また、
現在LINE@では新規アカウント作成はできませんので、
当方作成保有のアカウントのご購入を前提としています。

LINE@海外アカウント(米国)の場合

まず、LINE@使用の場合、
ご購入費用(弊社の場合)30,000円がかかります。
なお、当方が販売しているLINE@アカウントは海外仕様・米国版のものです。
これは、
日本アカウントの「プロAPI(月額32,400円)」プランと同等の機能が使えますが、
月額費用がなんと無料です。
つまり、この先4ヶ月を日本アカウント「プロAPI」プランを使用すると、
月額32,400円×4ヶ月=129,600円かかるところ、
海外仕様のLINE@ですと“無料”となります。
これがLINE@海外アカウント最大のメリットです!

デメリットはないのかと申しますと、あります!

それは、
LINE公式アカウントに強制移行となると、
メッセージ送信上限数500通のフリープランとしてしか使えない。
ということです。

日本アカウントのように、
フリープランのメッセージ送信上限数は1000通ではなく500通ですし、
有料プランは用意されていません。

このように見てくると、
LINE@海外アカウント(米国)を1月14日まで使い倒す場合、
年末年始商戦までを狙って、
比較的短期間(約4ヶ月程度)で集客とセールスを実践し収益をあげる場合に有効であるといえます。

 

LINE公式アカウントの場合

一方、
今からLINE公式アカウントを作って使う場合はどうでしょうか?

普通に作成なさると日本アカウントが作成できます。
このLINE公式アカウントは、
プランによる機能差はほぼありません。
つまりフリープランでも相当なことができます。

では、
有料プランとの差はなんなのか?
“メッセージ送信数による従量課金”です。
ちょっと驚く金額です。

まず、従量課金がないフリープランですが、
こちらはメッセージ送信数上限が1000通です。
1000通以上は送れません。
これはターゲットリーチ(有効友だち数)が1000人以上だと
全く送れないということです。
このフリープランでビジネスが成り立つ方は、
今すぐLINE公式アカウントを使い始めるべきです。

次に、1通当たり5円の従量課金が発生するライトプランですが、
こちらは月額課金5000円がかかりますが、
メッセージ送信数は15,000通までは従量課金なしに送れます。

有効友だち数1,000人なら、
毎月15通のメッセージが送れます。

有効友だち数10,000人なら、
たった毎月1通しか送れません。
2通目を送ると早速5,000通分に従量課金されるので、
5円×5,000通=25,000円が
月額課金以外に請求されます。
合計で30,000円ですね。

計算すると、
月に17,000通のメッセージを送付するなら、
月額5,000円のライトプランでは逆に割高になります。
月額15,000円のスタンダードプランを選びましょう。

次の有料プランがスタンダードプラン(月額15,000円)となります。
45,000通以上送ると1通あたり3円の従量課金となります。

そうは言っても、この従量課金なかなか高額です。
有効友だち数10,000人なら、
このスタンダードプランで月4通しか送れません。

5通目を送ると、また超過の5,000通に従量課金されるので、
3円×5,000円=15,000円が別途請求されて、
合計では30,000円が請求されます。

実際だと、
有効友だち数3,000人でも、
月に10通とか送りませんか?

これだと、
ライトプランなら月額+従量課金=50,000円
スタンダートプランなら月額のみなので15,000円です。

やはり、
月に17,000通のメッセージを送付するなら、
月額5,000円のライトプランでは逆に割高になります。
月額15,000円のスタンダードプランを選びましょう。

★結論★

アカウント育成とマネタイズ5ヶ月超の時間を要するなら、
新しいLINE公式アカウントを使いましょう!

アカウント育成及びマネタイズ4ヶ月以内でできるなら、
それまでは月額無料でメッセージ送信数制限のない、
LINE@海外アカウント(米国)を使い倒しましょう!

LINE@海外アカウントのご購入はこちら

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

③集客の要がLINE@だと気付いているなら、
海外アカウント研究会
https://line.me/R/ti/p/%40ojk3343v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。