乗り越えらるか ?? コストと心理 !?

お金(コスト)はかけたくない!
けど、
結果(収益)は出したい!

これは何の話かというと
「副業」や「インターネットビジネス」と「コスト」についてのお話です。

世の中に
「無料でどうぞ!」
とか
「無料で始められます!」
などのサービスが溢れているのも確かです。

ついつい、
「無料でやって、少しでもプラスがでれば…」
と考えるのも人の性(さが)だといえます。

私たち人間は、
計画的に継続する投資を始めるとき、

「お金を失う」=「損する」

ことに対する恐怖心は相当大きいものがあります

その一方で、

単なる消費行動(収益を生まない)にもかかわらず、

「無駄遣いする」「衝動買いする」=「仕方がなかった」「やむを得ない」「自分へのご褒美」

として感情処理をしてしまう矛盾した思考があるのも事実です…

 

<ビジネスを行う者の第1段階>

セルフコントロールによって、
「お金を失う」=「損する」ことへの恐怖心を自分で克服する。

これは、
「視野を広げる」ことに実はなります。

お菓子コーナーでいつも泣き叫んでいた、
ただただ感情に訴えていた、
そんな駄々っ子が、
「宿題を終わらせたらお菓子をもらう」戦略を立て始めるようなものです。

少し考えてみてください。

あなたが収益を得ようとしている商品・サービスに、
競争相手はいませんか?

その競争相手は、
既に広告やWeb戦略にコストをかけて、
本気で取り組んできていませんか?

そこに、
まるはだか同然の「無料」武装で飛び込もうとしていることの危うさに
気付くべきです。

「無料」に固執するというのはそういうことです。

<コストをかけ始めたら、気を付けること>

実際にコストを支払う覚悟と行動にでると、
自分の(これまでの)金銭感覚がいちいち介入してきます。

あなたにとって、
5,000円なら抵抗なく払えますか?
1万円程度なら大丈夫ですか?
3万円なら?
5万円なら?
10万円なら?

あなたには、
いくらなら、だめ。とかOK。とかという感覚が必ずあると思います。

こういう思考の時、
必ず抜け落ちているのが、
「費用対効果」という考え方です。

仮に1万円のコストを支払ったとします。

本当は100円程度の価値のものを
1万円も支払ったなら、100倍大損しています。

一方、
100万円の価値のものを
1万円で手に入れられたなら、100倍儲けています。

私の実体験をお話すると、
過去に“LINEを使った集客塾”に参加しました。
30万円・80万円・200万円の3コースがあり、
受講者全体では約3000人。

うち、私のように200万円を支払ったのは、
その3000人のうち9人でした。

ほとんどの人は30万円で参加していましたが、
200万円コースと学ぶ知識は同じだったにもかかわらず、
私の知る限り、
顕著な結果が出せた人はいませんでした。

結論から言うと、
この集客塾はLINE@海外アカウントに集客して、
アフィリエイトを行うという内容でした。

アフィリエイト自体の好き嫌いは
各自にあると思います。
この頃からの経験を元に、
今では、
ASPを持つようになって、
私の商品・サービスをアフィリエイトしてもらっています。

もっと言えば、
このとき知った「LINE@海外アカウント」なるものが
マーケターのみなさんにとって、
非常に魅力的であることも実感できました。

そこから、
「LINE@海外アカウント(米国)」「LINE@海外アカウント(韓国)」
そして今では、
「LINE公式アカウント(某国版)」「LINE公式アカウント(韓国版)」
を販売する事業も行っています。

私の体験談が長くなりましたが、

当時、
30万円支払って、
今でもノウハウコレクターのままの方がほとんどですが
これだと、大損していることになります。

一方、私は、

200万円払いましたが、
それから2年経って毎月100万円以上の収益を手にするようになっていますので、
儲けていると思われています。

お気づきですか?
「無料」「ゼロコスト」にこだわったらビジネスは無理だが、
「費用対効果」を意識して「コストの大小」を検証できなければ、
「無料」「ゼロコスト」派のほうがまし。

これ、
どちらも自分の器を自分で計っていたのでは無理ということかもしれません。

有名事業家や経営者、講師を見た時、
「あそこまでは無理だけど、何かひとつでも学び、取り入れたい」
では、一生労働者のままです。

 

「彼らと私はそんなに違いないはずだ。きっと並び、超えてやる。
彼らと対等もしくはそれ以上に付き合えるようになってやる。」
という思考であるべきでしょう。

 

別のお話しましょう。
みなさんYou-Tubeご覧になりますよね?
You-Tube Premium」というサービスご存じですか?

月額1,780円で、5アカウントまで広告が表示されなくなるサービスです。

一度使い始めると、辞められません。
まんまとサブスクの罠にはまっているのですが、
1アカウントあたりだと月額たったの356円!!

これで広告見る時間が不要になるなら、
どれだけの時間の節約になるのか。

これすら「費用対効果」として考えられない方、
少なくとも「インターネット」を活用したビジネスはできないでしょう。

誤解のないようにお伝えしておきますと、
私も毎年10本以上をノウハウ集めに参加し、
各種経済・奉仕団体にも所属し、
けっこうなコストを支払っています。

その中で、
収益化できているものが少しはあるということです。

先にお話した月間100万円にくわえて、
他収益もありますので、年間では2000万円程度の売上にはなっています。
残る利益は約半分、そこから税金等を差し引くと、結局手元には500万円程度しか残りませんけど…

ビジネスをたった1回で、
成功を引き当てよう、
といういうのも無理な発想ですよ。

結構な先行投資が本来必要なことは、
本当は言うまでもありません。

<最後に最も大切なこと>

自分で考え、
自分で決めて、
自分で行動する、
ことです。

ビジネスオーナーは「口コミ」を気にしていてはできません。
「口コミ」はいわば、その他大勢の方々の価値観です。
ビジネスオーナーは、
その他大勢がみいだせない価値を世に問う人です。

「副業でお小遣い稼ぎ」思考の方は、
コンビニアルバイトをお薦めします。

「無料」で「ビジネスオーナーに!」は、
「1円」で「株式会社設立」とそっくりです。

本当に資本金が1円しかない会社が、
世に商品サービスを提供できるはずがありません。

<最後に>

今回は、
今まであまり書いてこなかった「マインド」面を書いてみました。

あまり「マインド」に触れる話は好きではありませんが、
これほど感情と思考が相反することも珍しいので、
今回は書かせていただきました。

これ実は、
私自身への戒めの意味も大きいです。

実はこれから「広告」に取り組みます。
今まで、集客には
WordPressでブログやLPを作り、
メルマガスタンドを使って、
LINE公式アカウントを有料で使用してきました。
TwitterとInstagramでは、
自動化ツールを使用しています。

これら全てには多少のコストはかかっています。
ですが有料広告ほどはかかっていません。

取り組む広告は、
「Facebook広告」です。

コスト面でも手ごろですし、
ターゲッティング機能は素晴らしいようです。

「Facebook広告」を実践するにあたって、
4本のノウハウ集めをしました。
過去に他2本ほど勉強してますが…

いよいよ有料広告です。
恐いです。

でもやります!
「LTV」だの「CPA」だのから予算も導き出しました。

当ブログやYou-Tubeチャンネルでも
自分の備忘録や自社社員への共有を兼ねて
アップしていきます。

どんな失敗をするか、
お楽しみに!(笑)



“商売繁盛”研究会 メルマガ登録/解除
選択してください:
メールアドレス:
名前:
Powered By 守錢堂

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。