静かなるアカウントBAN…

去る4月8日、
ついに当方の管理アカウント
公式LINE「海外アカウント研究会」に「機能制限」がかかりました…

機能制限とはアカウントBAN(削除)のことです。

 

<スマホから現在のアカウントを開いた画面>

 

この公式LINEには、
ご購入者様を中心に600人以上のお客様がおられ、
1アカウント当たりの生産性も決して低くなく、
大切に育てていくつもりでしたが…

同時期である先週は日本版でも
「大アカウントBAN祭り」とでもいえような様相でした。

日本版で、
多くのアカウントBAN報告を受けています。

今回の一斉アカウントBANは、
有料プラン利用アカウントが主な対象になっているのが特徴です。

ですが当方のアカウントは
韓国版でした。

今現在、
わざわざ日本版より(為替の関係で)高額な利用料を払ってまで、
韓国版で有料プラン利用をしている人はごく稀でしょうし、
チェックは容易だったことがアカウントBANに直結したとみています。

海外アカウントを公然と販売していますので、
目をつけられて当然といえば当然でした。

わかっていながら、
アカウント受け渡しはLINE上で行うほうがスムーズにでしたので、
公式LINEを使用してアカウント納品をしてきました。

今後は、
やむを得ないので、
メールでのアカウント納品に切り替えさせていただきます。

すでに、
公式LINE「海外アカウント研究会」は機能制限中ですので、
お客様側からチャットなどの書き込みはできますが、
こちらからは一切開けませんので、
「既読」もつかない状態です。

公式LINE「海外アカウント研究会」にご連絡いただいても、
返信どころか、閲覧すらできませんので、
お手数ではございますが、
以下のお問い合わせより、
ご連絡のほど、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。