購入後しばらくで垢バンされちゃった!?

『仲元さんのサイトと同じように、

タイ現地で作成されたアカウントを買ったのですが、

運用開始までの数日の間で垢バンされてしまいました…

10個のうち、8個も…

なぜでしょうか?』

※ちなみにご質問者様のアカウントは他社でご購入なさったものです。

理由は2つ考えられます。

まずは、
「本当は現地作成ではなかった」可能性がありますね。

LINE公式アカウントは、ユーザー側で、アカウント作成時のIPアドレスを確認できません。
Twtterだと実は自分で確認できます。
確認方法がないということは、、販売業者の謳い文句を信じる以外にありません。
それを悪用して、本当は日本国内から海外サーバー経由でチョコチョコっと作成されたアカウントではないかと推測します。

もう一つは、
たとえ現地作成されたアカウントでも、同じIPアドレスから大量のアカウントが作成されている可能性です。

そもそも弊社が現地作成にこだわるのは、現地IPアドレスを使用することと、同一IPアドレスから大量のアカウントをつくらないためです。
弊社が問題視しているのは
「一般のアカウント販売業者が安価で大量に日本国内から海外サーバーを経由して作成したものが横行している」点です。
これがLINE社から容易に規制できてしまうのは、同じIPアドレスから大量のアカウントが作成されているからです。

せっかく現地作成していても、
同じIPアドレスから大量作成してしまっては、LINE社に「どうぞ見つけてください!」と言っているようなものです。

アカウントの大量生産と過度な低価格競争に没頭するあまり、
「同一IPアドレスから作成する危険性」を無視してしまって、
結果的に購入者様にリスク転嫁している状態である可能性が考えられます。

 

『仲元さんのところで購入すると確かに安くないのですが、

どんな作成方法をしているのですか?』

アカウント1個作成ごとに、IPアドレスを更新して、異なるIPアドレスでアカウント作成しています。
(同一IPアドレス重複の可能性は限りなく低いです)
・現地に事務所を持ち、現地回線を複数確保し、現地スタッフを雇用しています。
・アカウント作成は、IPアドレスの更新作業があるため、現地スタッフが手動操作で行っています。
なので、廉価販売競争とは全くことなる価格設定をさせていただいております。

実はこれでも、販売当初からすると1/3にコストダウンしているのですが(汗)

また、2次的な効果として、
アカウント作成生産数=販売数が、それほど多くありません。
このことも他業者さんのアカウント大量作成とは対局にあたり、安定運用が可能なアカウントを丁寧に作成して、ご提供できているようです。

↓↓↓詳しくは以前の記事をご参照下さい。↓↓↓

【危険】安いタイ版アカウントに潜むリスク!?

 

『LINE公式アカウント(タイ王国版)を買うときに、

気をつけたほうがいいことは何ですか?』

過度に低価格のものは避けることです。

安い物には必ず理由があります。
“安かろう悪かろう”です。

LINE@海外アカウント(運用コスト“ゼロ”)時代と異なり、
LINE公式アカウントは購入後も運用コストが(有料プランにすると)かかります。
そのせいもあって、
LINE公式アカウント購入時にはとにかく安さを求める気持ちはとてもよくわかります。

だからといって、
あなたの知らないアカウント作成時の要因が理由で、
せっかく育てたアカウントが利用停止(=垢BAN)されてしまっては、
元も子もありません。

アカウント購入時にかかるコストは、
購入時一度きりのコストです。
その後の運用(月額プラン1/3や従量課金95%OFF)で、
十分コスト回収ができ、更にメリットが続くものです。

ビジネスは、“リスク”と“選択”の連続である!
などとよく言われますが、
費用対効果とリスクのバランスを意識なさることをおススメします。

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。