500通・1000通の数え間違いにご注意を!

新しいプラットフォーム・LINE公式アカウントにおいて、
無料で使用継続ができる「フリープラン」があります。

このフリープランの特色は、

<メリット>
有料プランと全く同じ機能が全て使用できる。

<デメリット>
メッセージ送信数に制限があり、それ以上は送れない。

です。

フリープランのメッセージ送信数上限は、

日本アカウント・某国アカウントは、1,000通/1ヶ月です。
上記以外の海外アカウントは、500通/1ヶ月です。

この「通数」の数え方を勘違いなさっておられる方から
未だに確認のご質問を多々いただきます。

LINEのガイドラインによりますと、

「最大3吹き出しまでを一度とし、」
「そのメッセージを受け取った友だち数の積算を送信数とする」

とあります。

つまり、
一度に1吹き出しでも、3吹き出しでも同カウントで、
4吹き出しになると別カウントになるということです。

ただ、これを「1通」と思っておられる方が多くおられます。

「通数」カウントはこれだけではありません。
これに「メッセージを受け取った友だち数」を掛け算することで、
初めてLINE社のいう通数となるのです。

つまり、
特に海外アカウントでターゲットリーチが使えない場合は、
全ての有効友だちに一度に一斉にメッセージを送ることになるので、

一度に「3吹き出し」を「500人」に送ると
これで「500通」です。

一度に「1吹き出し」だけのメッセージを「500人」に送っても
これで「500通」です。

メッセージ送信数上限の「500通」「1000通」を超えるメッセージは、
フリープランのままでは一切送信できません。

一度に「600通」を送ろうとすると、
メッセージ送信数上限が500通なら、
たったの一度もメッセージは送れません。

メッセージ送信数上限が1000通なら、
一度目は送れますが、二度目は全く送れません。

ついつい、
自分が何通送ったかをイメージされている方が多いようです。

そうではなく、
どれだけの友だちが受け取ったかが、送信数とされます。

従って、
有効友だち数が数十人から百人程度のアカウントでないと
フリープランでのメッセージ送信は使えない!という認識になります。

ならば、
タイムライン投稿やチャット(旧1:1トーク)で代用できるなら、
フリープランのままでもいいかもしれませんが、
ビジネス活用しておられる方なら、
恐らくそれでは使い物にならないでしょう…

しかも、
(他の記事でも何度も書いていますが)
英語(米国含む)アカウントはフリープランしかないので、
一刻も早く、
英語アカウント以外へ友だちを誘導しないと
せっかくのリストが死んでしまいます…

とにかく、
有料プランがある日本・韓国・某国に
英語アカウントの友だちを移す努力を始めないと…

高額従量課金が許容できるなら日本アカウントへ、
さらに高額でも垢バンリスクを回避したいなら韓国アカウントへ、
コストパフォーマンス優先するなら某国アカウントへ、

今こそ、
我々ネットビジネスオーナーは動く時です!

某国・韓国アカウントを今すぐ入手するにはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。