LINE@新料金体系は、安くて機能充実!? それとも、べらぼうな値上げ!?

LINE@アカウントが新規作成できない!?

先日、
ある新規起業家さんと立ち話をしていた際に
こんな話題が出ました。

「今度LINE@の月額料金が安くなって、
フリープランでも使える機能も増えて、
ほんまありがたいわ!」

というものです。

一方で、
当方を含めて、
LINE@を介してサービスを提供している事業者は、

「べらぼうな値上げです!」

と叫んでいます。

今日はこんな矛盾した感情を整理しておきたいと思います。

以下は、LINE㈱から既に発表されている改定内容です。

2019年春、「LINE@」は「LINE公式アカウント」「LINE ビジネスコネクト」「LINE カスタマーコネクト」とサービス統合し、名称を「LINE公式アカウント」として生まれ変わります。
このサービス統合により、管理画面・既存機能の改善、新機能の追加を実施してまいりますので、今後もお引き立ての程よろしくお願いいたします。

今回のご案内では、サービス統合による主な変更点をお知らせいたします。
まず、現在提供している各プランについては、以下のように名称及び提供内容の見直しをさせていただきます。

2018年11月01日
【重要】LINE@サービス統合のお知らせ

 

「無料でも使える機能が増えている」

「べらぼうな値上げ」

 

これって
話が食い違っているように見えませんか?

実は、
これどちらも正解です。

要は、
使い方の問題です。

私たちが言う「べらぼうな値上げ」になるのは、
LINE@の「メッセージ」という機能を多く使っているユーザーに発生します。

今のプロプラン(月額21,600円)やプロAPIプラン(月額32,400円)を使って、
有効友だち数10,000人に毎週5通(月に20通)のメッセージ配信をしているユーザーの場合を紹介しますね。

この場合、
10,000人×20通で、
月に200,000通のメッセージ配信をしています。

現在の料金プランだと、
月額は21,600円や32,400円ですが、
新料金だと
「ライトプラン」の場合
月額5,000円に加えて、
メッセージ配信無料分15,000通を超える分の
185,000通に1通当たり2.6円が従量課金されるので
5,000円+2.6円×185,000通=486,000円
となます。
同様に「スタンダードプラン」の場合
15,000円+2.6円×155,000通=418,000円
となります。

現在のプランだと高くても32,400円だったのが、
486,000円!?
418,000円!?
このような状況を「べらぼうな値上げ」と言っています。

一方、
メッセージ配信をせず、
タイムライン配信が中心のユーザーは、
月額料金が無料もしくは5,000円、15,000円となり、
今より安くなりますね。
仮にメッセージ配信する場合、
動画メッセージなどこれまで有料プランでしか使えなかった機能が使える反面、
無料配信数の1,000通、5,000通、15,000通までしか送れません。

無料配信数1,000通とは、
有効友だち数1,000人なら、月1通しか送れず、
有効友だち数  500人なら、月2通、
有効友だち数  100人なら、月10通
が送れる計算になります。

ビジネスの観点から見ると
月に1通しか送れなかったり、
有効友だち数が100人しかいないと
正直食べていけない…
ですよね?

1通=「1吹き出し」

であることも忘れてはなりません。

もちろん1:1トークモードは従量課金の1通には含まれません。
これも、
有効友だち数100人程度なら1:1トークモードで個別対応できるでしょう!
それが
有効友だち数10,000人なら1:1トークモードは
現実問題として対応できないですし、
むしろ10,000人を超える友だち数を擁すると、
エキスパやLINE STEPなどののAPIを組み込むケースが極端に増えると思いますが、
API移行するとそもそも1:1トークモードは使えません。

動画メッセージ・音声メッセージ機能を使えるようにしておいて、
メッセージを従量課金にする。
営利企業が利益追求するのは仕方のないことです。

では、
私たちビジネスオーナーや店舗経営者は
どう対処すればいいのでしょうか?

これまでメッセージ配信中心だったのを、
タイムライン投稿に変更すればいいのでしょうか?

なかなか情報の到達という観点からは
難しいように見えます。

 

そこで、
「LINE@海外アカウント」という選択肢を考えてみませんか?

もちろん、また友だち数ゼロからのスタートですが、
月額費用も従量課金も通数制限もありません。

いまお持ちのLINE@の友だちに、
「プレゼント企画」であったり、
「サポートLINE開設」などと工夫して、
新規のLINE@海外アカウントのへさりげなく誘導し、
全ては無理ですが半数以上の友だちが重複登録してくれれば、
これまで通りメッセージ配信によって、
友だちに情報をつたえられ、
月額費用までかからなくなる!
ということが実現できてしまいます。

ご自身でも
作り方を調べて、環境を準備すれば作れます。

そんな手間暇より、
貴重な時間をお金で買おうというビジネスオーナーさんは、
当方で販売しているLINE@海外アカウントをご購入ください。

LINE@海外アカウントのご購入はこちらから

 

謎多きLINE@の海外アカウントの正体とは?

 

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

③集客の要がLINE@だと気付いているなら、
海外アカウント研究会
https://line.me/R/ti/p/%40ojk3343v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。