SNS集客でこんな間違いしていませんか?

SNS集客でこんな間違いしていませんか?

・いつのまにかフォロワー数を増やすことだけがゴールのようになっている。

・いつのまにか「いいね」や「フォロー」の作業をこなすだけになっている。

・自分のアカウントを「いいように」みせようとしていませんか?
*投稿が少なすぎませんか?
または
*エビデンス投稿でもなく、単なる自慢投稿になっていませんか?
*カギ垢にしてませんか?
*相互フォローを解除していませんか?

・フォロワーに対して、煩(わず)らわしがられるDMを送りつけていませんか?

 

SNS集客は、
自分の商品等を販売して売り上げをあげることがゴールです。
つまり、見込み客を集めて、関係性を築き、顧客化することが目的です。

 

私はこれまでもSNS集客で
リアルビジネスやイベントの集客をしてきています。

これは正直かなりハードルが高いです。
インターネットというバーチャルな空間・関係性から、
リアルへの移行というストレスがフォロワーにかかるからです。

現実に起こることとしては、
Instagramフォロワー3万人いる駆け出しのモデルの女の子のアカウントで
「イベントで私に会えますよ」と告知してもほとんど人は集まりません。
それは、他でも見ている、いくつものアカウントの女の子の一人でしかないからです。

一方で、フォロワー100人のLINE@で、
勉強会兼オフ会を主催すると3割の参加者を集められたりします。

 

そもそもSNSアカウントの一つひとつは、
自己主張」のためのものです。
以降、自己主張タイプと呼びます。

自分をよく見られたい!
自分を認められたい!

これがスタートです。

そうそう、
また別のタイプのアカウントもあるのは確かです。
それは、
他人のプライベートをのぞき見する」ためのものです。
以降、のぞき見タイプと呼びます。

自己主張タイプとのぞき見タイプ、
どちらをあなたはターゲットとしていますか?

それすら答えられない過ちを犯しているなら、
今すぐ考えてくださいね。

もちろん、
両方がターゲットでも構いません。

それぞれのタイプ特性とアプローチ手法を間違えなければ…

わかりやすいのは、自己主張タイプです。
まずは、こちらから「いいね」なり「フォロー」することで、
こちらのアカウントのフォロワーになってもらうことから始まります。

「フォロワー」になってもらったからといって、
いきなりDMで会話を始めようとしたり、
ましてやセールスを始める輩ばかりですが、
これはNGです。

飛び込み営業マンが、
いきなりパンフレットを広げて営業をし始めているようなものですから、
フォロワーには敬遠されます。
最悪はフォロワーでなくなってしまいます。

では、どうすればいいのか?

使うのは「返報性の法則」です。
フォロワーの自己主張を認めてあげることが先決です。

だから、どうすればいいのか?

実は、ここまで読んで、その方法がひらめかない方、要注意ですよ。
SNS集客を誤解なさっているか、
集客そのものを勘違いなさっている危険性があります。

さて、答えはこうです。

フォロワーの投稿に、
「定期的」に「いいね」をつけて回るのです。

フォロワーになってもらった途端に、
何もしないか、反対にゴリゴリセールスするか、
どちらかの人が多過ぎます。

俗にいう
「釣った魚に、エサをやらない」「釣ったとたんに、やりにいく」
とはこのことです。

でも、
そういうアカウントがほとんどなので、
これからお話することが生きてくるのですが…

話を戻しますと、
フォロワーの投稿に、
「定期的」に「いいね」をつけて回るのです。

すると、
あなたの「いいね」の数だけ、
あなたの投稿にも「いいね」を返してくれます。

おわかりでしょうか?
その「いいね」を返してくれる投稿にこそ、
あなたが見込み客に伝えたいこと、
見込み客に取ってほしい行動を促す内容を表現しておくことが重要です。

ご存じの通り、
どのSNSでも、
フォローバックは、
相手があなたのプロフィールも投稿も
見ることなく、
フォローバックできる仕組みになっています。

つまり、
フォロワーの大半は、
あなたのアカウント内容を知らずに、
フォロワーになっています。

これではビジネスに繋がらないのは当然です。
なので、
あなたのアカウント内容を伝えるべく、
「返報性の法則」を活用し、
「いいね返し」の時に投稿を目にしてもらうのです。

実際にあった私のコンサル生さんの反応で、
「いいね返ししてこないヤツはどうするんですか?」
「フォローバもしてこなかったり、後日相互フォロー解除してくる輩はどうするんですか?」
というものがありました。

ズバリ、
そういうアカウントはあなたのビジネス相手にはなりません。
未練なく切り捨てましょう。

自己主張タイプが
暴走するとナルシスト化します。
自慢投稿ばかりで、
自分からのフォローを続けない、
もしくはしないようになります。
こうなるとナルシストアカウントは自らの「フォロワー数」と「いいね数」にしか関心はありませんので、
あなたのビジネス相手には高確率でなりえません。

SNS集客で一番攻めやすいのは、
自己主張タイプだが「返報性の法則」はある、
つまりSNSも相手がいることがわかっている人たちです。

次に、
のぞき見タイプです。
この人たちは、いわば潜在的な見込み客にはなりえますが、
なかなかすぐには顧客にはならないことが多いです。
自己主張タイプのように投稿もあまりしませんので、
直接的に仕掛けることが難しいです。
ですが、あなたのフォロワーになってくれているなら、
あなたの投稿は目にします。
それで十分です。

自己主張タイプ・のぞき見タイプ、
どちらにも言えますが、
フォロワーにとって一定期間、
あなたの投稿を目にする必要があることを
絶対に忘れてはいけません。

たまたま、
いわゆる「今すぐ客」がフォロワーになってくれて、
すぐにあなたの商品が売れることもあります。
ですが、
それを期待してセールスに目がくらみ過ぎて、
見込み客が離れていってしまっているアカウントが多々みられます。

大切なことは、
あなたのアカウントはそうならず、
フォロワーが見込み客として、
あなたのアカウントにとどまり、
あなたの投稿を度々見ることで、
関心が顕在化され、
フォロワー自ら顧客になってくれることです。

そうは言っても、ご安心ください。
普通、ブログやホームページだと成果が出るのに半年~1年はかかると言われていますが、
SNSは早ければ数週間、遅くとも3ヶ月で成果が出始めます。
そうなんです!
結果が出るのが早いとうのがSNS集客のメリットなのですから!

だからこそ、
アカウント保有をする私たちは結果を急いてはなりません。
急がなくても大丈夫です。
むしろ、
成果がでるかどうかは、
やり方・内容次第ということで、
いかにゴリゴリセールスするか?
ではないということです。

(重要な)余談ですが、
投稿やアカウント内容、
それらを「いいね返し」で見てもらうための
フォロワーへの「いいね」付けに注力するために、
時間と労力を割くべきです。

なので、
そもそもフォロワーになってもらうための
「いいね」や「フォロー」付けは、
TwitterでもInstagramでも自動化ツールを導入なさることをおススメしています。

SNS集客はツールにさせて、
見込み客との顧客になってもらうための関係性の構築はあなた自身が汗をかく。

これができてこそ、
「量」と「質」が伴うことを忘れてはなりません。

 

ご質問やお問い合わせはこちら

自動化ツール等のご購入はこちら

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

③集客の要がLINE@だと気付いているなら、
海外アカウント研究会
https://line.me/R/ti/p/%40ojk3343v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。