あなたは日本アカウントを使用すべき!? LINE公式アカウント(海外版)か!?

運用コスト安さに目がくらんでも、
日本のカテゴリー検索や属性配信などが必要な方は、
高額でも日本アカウントを使用すべきです!

一方、
・コストパフォーマンスに優れる某国アカウント
・アカウント削除リスク回避に長けている韓国アカウント

LINE公式アカウント(海外版)の詳細はこちら

「どこのアカウントが!?」と考えられがちですが、
ご自身の運用にあった種類・国のアカウントを
私たちLINE媒体ビジネス利用者は見極める必要があります。

そして、
「国が違う」
ということを理解したうえで、
購入や運用をする必要もあります。

言うならば、
自動車と同じと考えるとわかりやすいと思われます。

日本製でも、ドイツ製でも、米国製でも、韓国製でも
「目的地まで複数人で快適にできるモビリティ」
というのは全く同じであり、
自動車に関心が低い方から見ると
「どれでも一緒やん!」
となるわけです。
ですが実際は、
国別・メーカー別に特色があり、
多くの人が様々な価値観で自動車商品を選ぶわけです。

LINE@やLINE公式アカウントにおいても、
「できることは基本的に同じ」
ではあるものの、
その国ごとのカスタマイズによって、
仕様や価格が異なることが当然あります。

「基本的に同じ」と「完全に同じ」はやはり違いますよね。

また、弊社で販売している海外アカウントは、
自動車で例えると並行輸入品だといえます。

並行輸入品の購入・使用は、
いわば自己責任の世界です。
それも忘れられがちだと最近感じられます。

並行輸入で買ったのが例えトヨタ車でも、
日本のトヨタディーラーに持ち込むと、
保証はもちろん無効ですし、
修理やメンテナンス自体も断られます。

LINE@やLINE公式アカウントの
海外アカウントは、
(表示言語や検索・属性など)その国の仕様となっており、
いわば並行輸入品を自己責任で使用していることになることを
お忘れなく。

こういったリスクを許容できないのに、
海外アカウントに手を出すのはNGですよ!

それでもリスクと取る価値があるのは、
「アカウントに登録してくれた友だちへ、多くのメッセージ送信することで、ビジネスをしている方」です。

この「集客してメッセージ送信」というシンプルな手法の方は、
一部表示言語が日本語でなくても、
日本のカテゴリー検索で表示されなくても、
属性を絞ったメッセージ送信ができなくても、
割安で全ての友だちにメッセージが好きなだけ送れればOKなので、
海外アカウント使用から発生するリスクを許容できる。つまり、その懸念をする必要がないわけです。

運用コスト安さに目がくらんでも、
日本のカテゴリー検索や属性配信などが必要な方は、
高額でも日本アカウントを使用すべきです!

 

LINE公式アカウント(海外版)の詳細はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。