某国について、もう少し教えて欲しい!

某国版の購入はこちら

これまでも
某国がどこの国なのか?
についてのお問い合わせには一切お答えしておりません。

当方・仲元諭の
これまでの海外アカウント販売実績や
当ブログ記事などの情報量とその信憑性を吟味してくださり、

「某国が(購入するまで)どこかわからなくても、
 リスクと取ってご購入くださる」

そんな事業者の皆さまが
ご購入いただいております。

既に153個の某国アカウントを
決断なさる事業者様に納品完了させていただきました。

来たる強制移行(2020年1月14日)への準備を
着々となさっておられます。

事業者はたくましい!
そう感じずにはいられません!

そして今回は、
そこまで思い切って潔くリスクを取るには踏み切れないが、
もう少し状況がわかれば、
すぐにでも強制移行準備に取り掛かりたい!
という方向けに、
可能な限り情報開示をさせていただきます。

ちなみに、
LINE公式アカウント(某国版)のご購入者様にも、
当方から「某国は○○です。」とはご案内しておりません。

表示言語をGoogle翻訳にでもかけてもらえばすぐわかるのですが…

さて、
当方ではIPアドレス規制を懸念・警戒して、
2018年10月から海外アカウントの現地生産を始めました。

この際に立てた方針は、
①LINE社の支社があること
②一定以上のLINEユーザーがいる国であること
を条件に現地生産候補地を選ぶことにしました。

2018年当時、
LINE社の拠点は全世界8か所でした。
うち3か所が海外拠点で、
(これも未だにLINE社の会社概要にもディスクロージャー誌にも開示されていませんが)
韓国・米国そしてスペインに支社展開されています。

なので、
当時当方はは韓国と米国に進出したわけですが、
LINEユーザー数と支社展開地には、
なぜか相関関係がないのです。

全世界的にみると、
LINEユーザーは日本を含む東アジアと東南アジアに
圧倒的に集中していて、
米国・スペインにはほとんど現地LINEユーザーはおらず、
日本からの留学生や駐在員が使っている程度のようです。

そんな中、
LINE@が終わり、
LINE公式アカウントに切り替わろうとしている今日、
LINE社が世界8位で支社まで置いている米国を
切り捨てるような措置(※)をとりました。

※について詳細は、↓↓↓↓↓

米国(英語)版ご使用の方、必見!

このことは、
当方にも衝撃的事実です。

「支社があっても、比較的利用者がいても、容赦なく切り捨てられる…」

LINE社の恐いところです。

今回の某国には、支社はありません。
一方、東アジア・東南アジアでは、
唯一LINE社の現地事務所が開設されています。

それもそのはずで、
某国のLINEユーザー数は日本に及ばないものの、上位5位以内に入り、
対人口比率でも9割に届く普及率を誇り、日本並みの利用率です。

だからこそ、
LINE社は日本ユーザーの抜け道利用の懸念がありながらも、
世界で唯一割安な料金設定をしたわけです。

現時点での
某国の平均所得は、
日本の1/5程度です。

その某国に、
日本や韓国のような料金水準を適用すれば、
せっかくの国民比率9割のLINEユーザーを逃しかねません。

そこを目ざとく見つけたのが当方です。

正直、
英語(米国含む))アカウントを死刑宣告された(※)分は、
某国アカウントを存分に活用することで
返してもらいましょう!

※について詳細は、↓↓↓↓↓

米国版の海外LINE@はいつまで使えるのでしょうか?

ちなみに、
某国現地でも、
有名企業が何社もLINE公式アカウントを利用しています。
もちろん中小零細企業・個人事業主もです。

この状態だと、
日本ユーザーの某国アカウント利用は、
米国や韓国ほど、
目立たないのも事実です。

これをチャンスととらえて、
当方はLINE公式アカウント(某国版)の販売に
12/1より踏み切った訳です。

ここまで書いてまだ国名を言わないんかい!
ってツッコまれそうですが、
言いません!

当方が書くと広まり過ぎるんです。

先行してリスクをとった方のメリットが薄れてくるんです。

なので当方からは、
まだしばらく国名を
(一般公開している)ブログなどでは公表しません。

さぁ、
いよいよ強制移行が目前に迫ってきました!

なさる方は、
一刻でも早く、
LINE公式アカウント(某国版)をご購入なさり、
既存のLINE@のお友だちに、
無料オファーなどで、
新しいLINE公式アカウント(某国版)への友だち追加の誘導を始めてください!

また、
12月1日より、
テスト販売の意味も込めて、
1アカウント1万円で販売してきましたが、
おおよそLINE@との相違点や注意点も洗い出すことができ、
その対応策も見つかりましたので、
2020年1月14日以降は
予定通り
1アカウント3万円への価格改定を行わせていただきます。

現地生産体制を11月から整えた先行投資もだいぶ響いてきており、
1アカウント1万円のままでは当方がもちませんので、
ご理解・ご容赦のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

お金で人生苦労して無駄にしたくない!
雇用から解き放たれて、自由な時間を手にしたい!
そんなあなたは、

気になるアカウントをどれかひとつ
友だち追加・フォローしてください!!

【公式LINE】

①インターネットビジネスで手取り金額を増やしたければ、
さとる@ネットビジネスで成功できる!?
https://line.me/R/ti/p/%40nfo6549r

②ビジネスの肝が高度な「集客」だと思うなら、
「☆攻めのTwitter~神~集客☆
https://line.me/R/ti/p/%40lll0376t

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Twitter集客で収益を生む!

“攻めのビジネス”が仕掛けられるのがSNSです!

なかでもTwitterマーケットは
Twitterの利用者が多く、かつアクティブユーザーがはっきりしていて、
各Twitter利用者の属性も見極めやすいことなどから、
魅力的なSNSマーケティングの場であることは否定しようがありません。

ところが、最近少し特殊なこと、異変が起こっています。

Twitter運営側がAPIやIPなどの様々な規制を行った結果、
「Twitter自動集客ツール」で今なお生き残っているものがほとんどなくなりました。

ということは、
今のTwitterマーケットで使える「Twitter自動集客ツール」を持っている人達、
その一部の人達にとっては、
「今、Twitterは熱いよね!!」となっている訳です。

そうです。
競合がどんどんTwitterマーケットから退場していっているのです。

そんな中、2016年から進化し続ける「Twitter自動集客ツール」があります。